建築家・隈研吾氏が顧問に就任、メタバース空間におけるバーチャル建築物や空間デザインの研究・企画・制作を行う「Metaverse Architecture Lab設立(サイバーエージェント)


株式会社サイバーエージェントは、メタバース空間における建築物や空間デザインの研究・企画・制作を目的に、専門組織「Metaverse Architecture Lab(メタバースアーキテクチャラボ)」を2022年7月に設立した。

ならびに、建築家の隈研吾氏(建築家、東京大学特別教授・名誉教授)が顧問に就任したことを発表した。

■概要

同組織では、隈研吾氏と共にメタバース空間ならではの空間デザインや、ユーザー体験・ブランディング価値を高めるバーチャル建築物の在り方について研究に取り組み、アパレルなどのブランド企業や小売企業の販促およびブランディング活動において、新しい価値を生み出すバーチャル建築物を制作する。

また商業空間のみならず、複合施設や仮想都市などの開発や、メタバース空間だからこそ実現できる建築のコンセプト設計、コンテンツ企画やユーザー体験の設計など、バーチャル建築物のアーキテクチャ概念の検証から実証実験、プロトタイプの作成まで取り組んでいく。

■設立の背景・目的

昨今メタバース空間では、実在する都市と連動した「都市連動型メタバース空間」の構築をはじめ、仮想都市の土地開発や売買、小売やメーカーの「バーチャル店舗」建設など、バーチャル建築物において様々な取り組みが活発に進んでいる。

同社はこれまでも、バーチャル店舗開発に特化した事業会社として株式会社CyberMetaverse Productionsを2022年2月に設立し、メタバース空間における企業の販促活動を支援してきた。

顧客企業からはバーチャル店舗の役割として、外観・内観ともにブランドのオリジナルの世界観を表現する場であるとともに、ユーザーのブランド体験価値や顧客エンゲージメントを高める場として期待が高まっている。

このたび設立された新組織「Metaverse Architecture Lab」では、簡易テンプレートで構築するバーチャル店舗や、実在する街並みや実店舗などを再現したデジタルツインの空間・建築物だけではなく、建築基準法など現実世界の物理的な制約から開放されたオリジナルのメタバース空間を構築することで提供できるユーザー体験や、ブランド体験の価値を高める空間デザイン、バーチャル建築物の在り方を定義していくという。

また、同組織設立に伴い、メタバース空間のバーチャル建築物ならではの価値創造に取り組む空間デザイナーやCGアーティストなど、クリエイター・デザイナー職の採用を強化し、さらなる体制強化を図る。

■隈研吾氏のコメント

「リアルな建築は、周辺の環境に負荷を与えたり、多くの資源を消費したりと、ある意味でわるさをしてきたと言える。バーチャル空間であれば、それらを乗り越えた「わるさをしない」新しい建築ができるかもしれない。制限のない空間だからこそ実現できる建築の可能性を探りたい」。

© J.C. Carbonne

株式会社サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/

プロのビデオグラファーを目指す学校、はじまる。入学生募集中。

PR:Vook School

コメントする

  • まだコメントはありません
Vook_News

Vook News@Vook_News

Vook編集部がお届けするニュース記事用のアカウントです。

Vook Newsさんの
他の記事をみる
記事特集一覧をみる