2017.10.29 (最終更新日: 2020.06.29)

手軽に青く照らしたいときに!ちょっとしたライティングに使える小道具の紹介

このノートはVookのコンセプトムービー「映像新時代」の制作ノートです。
今回ディレクター、撮影、編集としてアメリカのハリウッドで活躍するYuta Okamuraくんに入ってもらったのですが、現場でオモシロイと思ったことを書きたいと思います。(僕自身はプロデューサー)
映像はコチラから見られますので是非ご覧になってください。
http://vook.vc/page/vision

映像の現場においてライティングというのは非常に大切です。
ワンカットワンカットで、画をしっかりと作り込むというのは皆さん気にすることでしょう。
今回は、以下のような青っぽい画を超手軽に出来る道具を紹介したいと思います。

使う道具

今回使う道具はこちら

そうです!工事現場でよく見るあれです!
交通整理しているやつ。
1000円くらいでドンキとかで売っています。

正式名称は「交通整理棒」というらしく、
Webでも検索すると購入できるサイトがたくさん出てきます。

最初見た時は何に使うんだこれ、、、って感じだったのですが、これ先端の方は結構光が強くてこんな感じ。

なので、こういった絵を

こんな感じにできちゃいます。

ライトを持つ人が必要にはなりますが、ちょっとしたギミックとしておすすめです。

ちなみに実際に撮影した映像はこちら

    0クリップする
    クリップしておくと
    あとからいつでも
    見返したりできます。

      コメント

      • まだコメントはありません