[DaVinci] 読んで試せば即覚える!ルックを見比べる時にめちゃ使えるバージョンツールのショートカットコマンド

スチル、LUT、バージョン

作品の色味づくりは可能性が無限大です。そのため出来るだけ多くのルックを見比べて納得がいくルックを最初に決めてから作りこんでいく方が良いように思います。コントラストはハードかソフトか、色のトーンはどういうものが良いかなど、複数のルックを最初に作っておいて、その中から一番作風に合ったものを選ぶことでグレーディングをスタートする良い指針が立てられます。

DaVinci Resolveを使ってグレーディングする場合に限った話ですが、ルックは3つの方法で保存出来ます。1つ目はスチルを作成して、ほかのショットにグレードに使用したノードツリーをマルっと適応する場合。2つ目はLUTとして書き出して再度読み込む場合。最後の1つは同じショットの違うルックを保存するための「バージョン」と呼ばれるツールを使って保存する方法です。今回はバージョンのショートカットキーをまとめます。

バージョンの保存方法

Command+Y(Ctlr+Y) = バージョンを保存する

まずは最初のルックを作成します。出来上がったらCommand + Y(またはCtlr + Y)でバージョンを保存することが出来ます。バージョンが保存出来たら新しいルックを作るためにノードツリーをリセットして複数のルックを作ります。または最初のバージョンを残したまま作業を続けていき、改めてCommand + Y(またはCtlr + Y)をクリックしても二つ目のバージョンを保存することが可能です。


補足:今回も同じく昨年の自主製作映画「I Hate Your Laugh!」より画像抜粋

バージョンを見比べる方法

最初にナビゲーションメニュー>表示>分割スクリーン表示>「バージョン&オリジナル」を選択しておきます。

ビュアーで右クリック>分割スクリーンからでも同じ設定が可能です。

Command+Alt+W(Ctrl+Alt+W) = 分割スクリーンでギャラリー表示

複数のバージョンをギャラリー表示したい場合は上記のコマンドキーをクリックすることで見れるようになります。今回はわかり易いように全然違う見た目のルックを複数並べましたが、微妙なコントラストの差やハイライト具合などの誤差だけをバージョンで抜き出してみてみると、コントラストも見比べて選択していくことが出来ます。

Command+B(Ctrl+B) = 次のギャラリー / Command+N(Ctrl+N) = 前のギャラリー

Shift + F を押すとビュアー拡大優先表示することが出来ます。ギャラリー分割スクリーンをオンにしておくと全てのギャラリーを同時に並べてみることが出来ます。あとは自分の作ったルックの中で土台にしたいルックを選択します。ちなみに分割スクリーンで同時に表示出来るバージョンは15個までですが、十分すぎるかと思います。

バージョンを選択する方法は2つありますが、ショートカットコマンドキーを使っても選択をすることが出来ます。現在選択しているバージョンよりも古いバージョンに戻る場合にはCommand + B(Ctlr + B)を押します。新しいバージョンを選択したい場合にはCommand + N(Ctlr + N)をクリックすることでバージョン間を行き来することが可能です。これはShift + Fをもう一度押して分割モードをオフにした状態でも同じ様に使用することが可能です。

Lightbox ー Command+Shift+F(またはCtrl+Shift+F)

もう一つの方法はLightboxから選択する方法です。DaVinci Resolve 14のカラーページ右上にあるLightboxというアイコンをクリックするか、Command+Shift+F(またはCtrl+Shift+F) をクリックするとLightboxのページを開くことが可能です。

大量のショットを俯瞰的に見てシーケンス全体で色にムラが無いかを確認する時に使うことも出来る優れものツールです。(今は2ショットしか入ってませんが、ショットが増えると以下のように全体を見ることが出来ます。)


補足:クライアントの都合上コンテンツはブラーをかけてます。

そしてLightboxを使うと、バージョンの選択・リネーム・削除などをすることも可能です。

3クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません