今回は映画のトレーラーなどでよく使われる金属テキストの作り方を紹介します。
AfterEffectsの有料プラグインElement3Dを使えば、簡単に上質な3Dテキストが作れるので是非試してみてください。

Element3Dでは細かくアニメーションも設定できるため、今回はそのアニメーションの仕方についても解説しています。

今回作るのはコチラ

ガッツリ見たい方はコチラからどうぞ!

●ビデオチュートリアル

それでは実際に作っていきましょう!

①背景を作ります

黒の平面レイヤーにエフェクト[4色グラデーション]を適用します。
左上を黒に近いオレンジ。
右下を黒に近いシアンにします。
こうすることで背景がちょっとオシャレになります。

②Element3Dを平面に適用します

新規で平面を作成し、その平面にエフェクト[Element]を適用します。

③テキストを作ります

3Dテキスト用にテキストツールで任意の文字を作成します。

④Element3Dにテキストを紐づけします。

Element3Dの[Custom Layers]の項目から、[Custom Text and Masks]を開き、[Path Layer1]に先ほど作ったテキストをプルダウンで選択します。

⑤3Dテキストの押し出しとマテリアルを設定します

Element3D画面内の上部にある[EXTRUDE]をクリックすると、3Dテキストが作成されます。

Element3D画面内のマテリアルパネルから[Bevels]を選択し、その中の[Bold]を選択します。
すると質感が変わります。

Sceneパネルにある[ShinyLight]をマテリアルパネル内の[Physical]にある[Chrome]を選択します。
すると質感がシルバーっぽくなります。

[Chrome]を選択した状態で[Bevel]の数値を変更します。
ベベルで太った文字を少し細くしているのと、押し出しを大きくしています。

[Bevel2]を選択した状態で[Bevel]の数値を変更します。
Chromeの押し出しに合わせてこちらも大きくしています。

[Enviroment]内の[Town]を選択します。
こうすることで金属の反射感が強くなります。

⑥3Dテキストにモーションをつけます

はじめに、[Element]内の[Multi-Object]にチェックを入れます。
そして、3秒のところで[X Displace]と[Rotation Random]をそれぞれ0でキーフレームを打っておきます。
次に、0秒のところで画像の数値でキーフレームを打ちます。
そうすることでテキストの回転と、カーニングのアニメーションが適用されます。

2秒のところで[PositionZ]の数値0でキーフレームを打ちます。
次に0秒のところで画像の数値でキーフレームを打ちます。
そうすることで手前から文字が出現するアニメーションが適用されます。

⑦ライトを設定します

背景画像に合わせて、シアンとオレンジのポイントライトを作成します。

文字の右下に青い光、左上のオレンジの光が当たるように配置します。

⑧環境マップで金属感を演出します

[Element]内の[RenderSettings]を開き、[Physical Emviroment]を開きます。
その中の[Rotate Enviroment]の項目を開きXの数値20°にします。
YのキーフレームボタンをAltキーを押しながらクリックし、エクスプレッション[time*10]と打ち込みます。
そうすることで環境マップが回転し、金属感がより強調されます。

⑨完成!!

つまづいた方や、深く知りたい方はビデオチュートリアルも合わせて見ると、より理解が深まるかと思います!

1クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません