カッコいいパーティクル背景をCC Particle Worldで作る【After Effects チュートリアル】

敷居が高そうなパーティクル

パーティクルといえば、有名なのはTrapcodeのParticularですよね。
購入されている方もたくさんいると思います。
表現の幅がめちゃくちゃ広いのと同時に設定項目もめちゃくちゃ多いです。
そのせいで、買ったものの触ってない…という方も多いのではないでしょうか。

ということで!今回は!!
Particularではなく、標準エフェクトのCC particle worldを使ってのパーティクル入門を解説していきたいと思います。

今回作るのはコチラの2つ!


ガッツリ見たい方はビデオチュートリアルでどうぞ

こちらのビデオではパーティクルに加えて、ちょっとしたテキストアニメーションも解説しています。

それでは作例1から作っていきましょう!

①背景をつくる

平面レイヤーを作成し、[4色グラデーション]を適用する。
黒みの黄色と、黒みの赤を設定し左上と右下に配置する。

②火花っぽいパーティクルをつくる

平面レイヤーを作成し、[CC particle world]を適用する。
下図の数値に変更する。

変更箇所とその箇所の意味について説明します。

PositionY→Y軸の位置を設定できる
PositionZ→Z軸の位置を設定できる
Animation→出現アニメーションを設定できる
Velocity→速度を設定できる
Gravity→重力を設定できる[+]だと下向きに、[-]だと上向きへ力が働く
DirectionAxis→方向軸を設定できる
Gravity Vector→重力を3軸で設定できる
ParticleType→1粒1粒の形を設定できる
BirthSize→出現時のサイズを設定できる
DeathSize→消滅時のサイズを設定できる

③もっと火花っぽくする

CC particle worldを適用した平面レイヤーに[グロー]を2つ重ねて適用する。
そうすることでより火花っぽくなる。

モーションブラーのスイッチを入れる。

④完成!!

作例2 ①背景を作る

平面レイヤーを作成する。
今回は黒でOK

②ホコリっぽいパーティクルをつくる

平面レイヤーを作成し、[CC particle world]を適用する。
下図の数値に変更する。

詳しい説明は作例1でしたので割愛。

モーションブラーのスイッチを入れておく。

③完成!

いかがでしたか?

CC particle worldだと思ったより簡単だったんじゃないかと思います。
全てが英語ですが、ある程度設定する箇所は決まっているので、覚えておけば何てことはありません。
有料プラグインのParticularやStardustでも設定項目の名称はだいたい一緒なので、役に立つと思います。

10クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • ayame10
      パソコンのスペックはどんな感じですか?
      いつもプレビューの際、処理が重くてメモリ不足といわれるのですが
      ダストマンさんのスペック詳細が知りたいです。
    • ダストマン
      Youtubeにコメントいただいた方ですかね?

      たぶんそうだと思うのですがYoutubeで回答した内容貼っておきます!

      ↓↓
      主要スペックは

      CPU:Corei7 7700K
      GPU:Geforce 1080GTX *2
      メモリ:64GB

      といった感じです。
      AEはCPUのクロック数への依存度がかなり高いので
      PC選ばれる際は、クロック数が高い(4.2GHzとか書いてあるやつ)のを選ぶと良いです!
       
      最近はGPUレンダーも入ってますが、CPUの方がまだ大部分を占めてるのは間違いないです。
      ただ外部プラグインのElement3Dとかを使う場合はGPU結構使ってるので3DCGもやりたい場合はGPUもいいやつ積んでおくことにこしたことはないです!

      なのでまとめると

      ・CPUのクロック数が高いもの
      ・メモリ32GB以上
      ・GPUはそこそこでもOK(E3D使うならいいやつ)

      です!