Web配信用スイッチャーが格安でDMMいろいろレンタルで借りられる![Cerevo LiveWedge]

スイッチャーを使おう!

年末年始はイベントが多い時期で、ライブ配信をする機会も多いと思います。
そんな時配信を豊かにしてくれるのがスイッチャーです。
スイッチャーは複数の映像信号をまとめて、それを切り替えたり、同時に出力するための機材です。
配信をしているその場で、マルチカメラの編集をしたり、テキストなどを打ち込むことができる機材と言えばわかりやすいかと思います。

ゲーム配信をする時を例に取ってスイッチャーがあればどんな配信ができるようになるか考えてみます。

スイッチャーが無い時


スイッチャーが無いとゲーム機からのHDMIをキャプチャーに入れて配信するのが基本になると思います。
なので配信できるのはゲームの画面だけです。

スイッチャーがある時


スイッチャーがあればゲーム画面だけではなく、プレイ中の人の映像も配信したり、複数台のゲーム機を接続して複数の視点の映像を配信することができます!
音楽ライブなども複数カメラで配信ができるとより臨場感が出るのではないでしょうか。

スイッチャーは結構高い

このように便利なスイッチャーですが、結構高いです。HDMIで入力ができるモデルだとおおよそ10万円からくらいです。
エントリークラスの例としてはローランドのV-1というスイッチャーが、おおよそ11万円前後です。
しかもカメラよりも値下がりしにくいのがスイッチャーの特徴です。
カメラなどと利用頻度を比べると比較的お高めだと感じること方は多いのではないでしょうか。
そこでスイッチャーのレンタルはどうでしょうか?

格安でスイッチャーを借りよう!

そこで今回はDMMいろいろレンタルで借りれるスイッチャーを紹介します。
私もスイッチャーを本格的に導入する前にレンタルして配信現場で使用しました。

【Cerevo/LiveWedge】Live配信機能搭載HDビデオスイッチャー LiveWedge3
今回紹介するのはこちらのスイッチャーです。定価だと10万円ほどです。
Web配信用に特化されており、スイッチャー単独でWeb配信ができるのが大きな魅力です。
その分マルチビューのフレームレートが低かったり、SDI入力がついていなかったりしますが、
立ち上げは非常にやりやすく、初めて使用するときもあまり迷わず使用することができます。
エフェクト系も結構充実しており、PinPなどを使ってバラエティ番組みたいな配信もできます。

詳しい仕様はこちらへどうぞ。

なんといってもレンタル価格がかなり安いです。なんと5日間で6500円です。
このDMMいろいろレンタルの中では【Go Pro/HERO6 Black】CHDHX-601-FWが2日で6000円でレンタルされているので、
1日あたりの単価でみればGoproより安く借りれるスイッチャーになります。

スイッチャー以外に配信で必要なもの

スイッチャー以外にもWeb配信で必要なものを紹介します。

HDMIケーブル

カメラとスイッチャーを接続するのに必要です。
カメラのHDMIはミニタイプやマイクロタイプの時があるので、形状に合わせて変換ケーブルを用意する必要があります。
カメラや映像ソースの台数*1本必要になるので結構本数が必要になります。

楽しい配信ライフを!

1クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません