キーボードから手を離さず編集する

Premiereにはショートカットキーが無数にあります。
使いこなせばほとんどの作業をキーボードだけでできます。
マウスでも操作できるのですが、片手がキーボードから離れると、なんとなく編集のリズムが崩れる、なんて経験ありませんか?
手をキーボードから離さず編集するのは、効率よく編集するために重要だと思います。

今回はその中でも編集のプレビュー作業が簡単になるショートカットを紹介します。
あまりにも基本のショートカットですが、使うとかなり便利になります。

再生のL 停止のK 逆再生のJ

プログラムやソースモニターでは、Lキーで再生、Kキーで停止、Jキーで逆再生をすることができます。
キーボード配列的には、JKLキーで編集するといったほうが馴染めるかもしれません。
これ、Davinci Resolveでも同じショートカットがデフォルトでなっています。
(他のソフトで試したことは無いのですが、同じのもあるかもしれないです)

これを知る前はマウスで再生ボタンを押したり、スペースバーで再生をしていました。
しかし、ショートカットを知り、再生、停止といった最も多く編集で使う作業がキーボードでスムーズにできるようになったことで編集リズムが劇的によくなりました。

特に逆再生が一発でできると編集タイミングが探しやすいです。
しかも再生中に同じキー(通常再生中ならLキー、逆再生中ならJキー)を押すことで、
倍速や4倍速などの早回しでの再生になります。
長時間のマルチカメラ編集の時に便利です!

1クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません