サイクルセイバーロゴアニメーションの作り方【After Effects チュートリアル】

最強の無料プラグインSaber(セイバー)

今回はそのSaberを使ってロゴアニメーションを作っていきます!
まだインストールしていない方はVideoCopilot社のページからインストールしておいてください。
https://www.videocopilot.net/blog/2016/03/new-plug-in-saber-now-available-100-free/

ビデオチュートリアルはコチラ!

完成形はコチラ!

それでは作っていきましょう!

①下地をつくる

1920*1080、7秒のコンポジションを作成し、使用したいロゴを配置しておきます。
ロゴには3Dレイヤーのスイッチを入れておいてください。

②背景をつくる

ロゴの下に平面レイヤーを2つ作成します。
1番下の平面レイヤーに[グラデーション]を適用し、黒→黒みの青にしておきます。

1つ上の平面レイヤーに[フラクタルノイズ]を適用します。
そして以下の設定をします。

[フラクタルの種類]→[ダイナミック(プログレッシブ)]
[反転にチェック]
[コントラスト]70
[明るさ]-30
[スケール]400
[不透明度]20%

乱気流のオフセットを7秒間で
960,540~500,540でアニメーションさせます。
そうするとモヤモヤが左に流れて怪しい雰囲気になると思います。

③Saberの設定

新たに1080*1080、3秒のコンポジションを作成し、平面レイヤーを作成します。
楕円形ツールを選択し、正円のマスクを作成します。

マスクを作成した平面レイヤーに[Saber]を適用します。
そして以下の設定を行います。

[Core type]→[Layer Masks]
[Preset]→[Arc Reactor]
[Glow Spread]0.10
[Glow Bias]0.40
[Start Size]0%

0秒~3秒で[Start offset]を0%~100%
[EndOffset]を100%~0%でキーフレームを打っておきます。
グラフエディターを開き下図のようなカーブにしておきます。

これでSaberの設定は完了です!
グラフエディターを使うことで気持ちのいいモーションになったと思います。

④セイバーの球体を作る

元のロゴのコンポジションに戻り、作成したSaberのコンポジションを配置します。
合成モードを[加算]、3Dレイヤーのスイッチを入れておきます。

Saberのコンポジションを9つ複製し、回転のX軸とY軸を40度づつズラします。
40度→80度→120度→…といった感じです。
その後0~1秒の間でランダムにコンポジションをズラしておきます。
こうすることでSaberがランダムに出現していい感じになります。

この時、ロゴの大きさはこの球体に収まるようにしておいてください。

⑤トランジションを作る

ロゴをプリコンポーズします。
プリコンポジションを開き、白の平面レイヤーを2つ作成します。
上の平面レイヤーに[フラクタルノイズ]を適用します。
以下の設定をします。

[フラクタルの種類][ダイナミック(プログレッシブ)]
[反転にチェック]
[スケール]50

下の平面レイヤーに楕円形ツールで正円のマスクを作成します。
[マスクの境界のぼかし]を適度にいれます。
[マスクの拡張]を0~4秒で完全に消えた状態からロゴを覆うくらいの大きさにアニメーションさせます。

そして、[タービュレントディスプレイス]と[ディスプレイスメントマップ]を適用します。
以下の設定をします。

【タービュレントディスプレイス】
[量]70
[サイズ]70
【ディスプレイスメントマップ】
[マップレイヤー]→[先ほど作成したフラクタルノイズのレイヤーを選択][エフェクトとマスク]
[最大水平に置き換え]50
[最大垂直の置き換え]50

完了したら、フラクタルノイズのレイヤーを非表示にします。
そして、ロゴのトラックマットを[ルミナンスキーマット]を選択しておきます。
そうすることでモヤモヤでてくるトランジションが適用されたと思います。

⑥ロゴのエッジを光らせる

メインのコンポジションに戻り、プリコンポーズしたロゴのコンポジションを複製します。
複製したコンポジションをさらにプリコンポーズして開きます。
ロゴに[塗り]を適用し白くしておきます。
黒の平面レイヤーを作成し、背景に置いておきます。
調整レイヤーを作成し、[コロラマ]を適用します。
[プリセットパレット]を[ソラリゼーショングレー]に設定します。

そうすることでエッジのみが白くなります。

メインのコンポジションに戻り、合成モードを[加算]にします。
[トライトーン]を適用し、[ミッドトーン]をSaberの色に合わせた青に設定します。
[グロー]も適用しておきます。

⑦ロゴ全体を光らせる

⑤で作成したコンポジションを複製し、合成モードを[加算]にします。
[フラクタルノイズ]を適用し、フラクタルの種類を[ダイナミック(プログレッシブ)]にし、反転にチェックを入れます。
その後⑥で使った[トライトーン][グロー]をコピペしておきます。
[トライトーン]の[ミッドトーン]を少し暗めにして、光を抑えます。

⑧カメラの設定

4秒間かけて、ズームアウトのカメラワークを入れてください。

⑨仕上げ

⑥⑦で作ったコンポジションが最後まで残っていると、ずっと光っているのでロゴのカラーによっては邪魔が場合があります。(暗めのロゴカラーの場合)
その場合は3秒~5秒で不透明度のアニメーションをいれ、消しておきましょう。

良さげな音を入れて完成!

いかがでしたか?

一度作ってしまえば、プリコンポジション内のロゴ画像を入れ替えるだけで量産できるので便利だと思います。
細かい部分はビデオで確認していただければ幸いです!

5クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません