レイヤーの中心点を変更したい アンカーポイントについて【After Effects】

レイヤーの中心点を変更しよう!

中心点…アンカーポイントについて

AfterEffectsを始めて間もなくぶつかる断崖絶壁。
写真や文字を動かす際、中心を軸にしか動かせない…。
知人の結婚式のプロフィールムービーを引き受けたはいいものの、
毎回主役が中心に写っているわけじゃない…。
思った場所に中心を変更したい…。
そんな時に、レイヤーのアンカーポイントを動かします。

AfterEffects上の解説

素材をタイムラインに放り込んだ時点では、アンカーポイントは中心にあります。

※ この状態でも自由に動かせますが、複雑なアニメーションを行う場合、後々修正が困難を極めるので中心は先にしっかり決めておきましょう。

アンカーポイントの位置を変更したい場合

ツールバーの真ん中あたりにあるこれです。ショートカットキーは「Y」

素材の中心にアンカーポイントがある状態と、
アンカーポイントを素材の左下側へ移動させた状態とで動きが変わります。


3秒後にスケール値が0になるように設定してあります。
違いは一目瞭然ですね。

素材に動きをつけると…

試しに、素材が何かにぶつかって跳ね返るようキーフレームを打ち込んでみましょう。

アンカーポイントを素材の左下(進行方向の先端)にする事で、
何かにぶつかったような質感がでます。
アンカーポイントが素材の中心にあるまま同じキーフレームをコピペすると…

写真の拡大縮小を自由にしたい

素材が写真の場合も同じです。
アンカーポイントの位置を拡大したい場所に移動させましょう。

アンカーポイントは基礎中の基礎

AfterEffectsに限らず、Premiere、EDIUS、FinalCut…
様々な編集ソフトにアンカーポイントはあります。
どのソフトでも考え方は同じなので覚えておいて損はありません!

キャラクターを動かすモーショングラフィックス等、レイヤーやコンポジションが多層化する場合はアンカーポイントの設定を謝ると取り返しがつかない事態になります。

完成系の動きを頭で描きながら効率よくコンポジットしていきましょう!
(と、いかに気をつけていても必ず1度は味わう苦しみだと僕は思っています。

4クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません