刻むぞ!血液のビート!

みなさん、こんにちは。
今日は誰でも簡単、お手軽に作れて使い勝手万能な「波紋」の作り方です。
重たい石が持てたりゾンビが倒せるようにはなりませんが、
ハートが震えて燃え尽きる程ヒートします。


エヴァンゲリオンのオープニグ冒頭にあるじゃないすかこんなやつ。
「ピィーーーン…」って感じの効果音つきそうな。

使用エフェクトなし!プラグインなし!

レイヤー数は2つ、プラグインは一切使わない。
AfterEffectsを始めたばかりの方でも作れる、お手軽動画素材です。

制作手順

1:シェイプレイヤーの作成

まず、AfterEffectsを立ち上げて新規コンポジションを作成しましょう。
最終出力をFHD(1920x1080)とします。
タイムラインパネル(画面左下)で右クリック。
[新規]→[シェイプレイヤー]を選択します。

シェイプレイヤー 1 が現れます。

2:シェイプレイヤーで白い円を作成
まだプレビュー画面には何も表示されていません。
シェイプレイヤーの左側にある「▶︎」をクリック。
「▶︎」が「▼」なります。
「コンテンツ」「▶︎トランスフォーム」という項目が現れます。
コンテンツの行をそのまま右へ行くと、
「追加」というメニューがあるのでクリック。
いくつか項目が表示されるので「楕円形」を選択します。


画面の中心に円のフレームが表示されます。
続いて、同じ「追加」をもう一度クリック。
「塗り」という項目を選択します。

画面の真ん中の円が赤くなります!
デフォルトは赤になっていますが、
左下に追加された「塗り 1」の項目「カラー」で色が自由に選択できます。
今回はとりあえず白色にしましょう。

3:白い円のスケール値を設定
白い円ができたらタイムラインでキーフレームを打ち込みます。

「楕円形パス 1」の「▶︎」をクリックすると「サイズ」という項目が表示されます。
0秒の部分(ど頭)でサイズを0、10fの部分で「600」、最終で「1000」とキーフレームを打ち込みましょう。
すると、こんな感じになります。

4:白い円をコピーして「アルファ反転マット」
次に、シェイプレイヤーをコピーします。

続いて、コピーしたレイヤーの10f部分のサイズを例えば「500」にしてみましょう。

さらに、トラックマットの設定を行います。
トラックマットの「なし」となっている部分をクリック。
「アルファ反転マット"シェイプレイヤー 2 "」を選します。

すると、白い円の中が抜けます!
この状態でプレビューしてみましょう。

だいぶもったりした動きですが、
ここからはお好みでキーフレームを前後させたりサイズを変えたりしましょう!

ツェペリ男爵も納得の波紋素材の出来上がりです!
コツは呼吸を整えることでしょう…。

後光素材と同じく、アルファチャンネル付きで書き出せば一家に一台レベルの便利素材です!
是非、お試しください!

3クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません