はじめてのFusion(14)/テキストのマッチムーブ(Tracker)

前回はPlanar Trackerを使用してはめ込み動画を作る方法を紹介しました。Tracker を利用することで動画の中の被写体の動きに別の動画のオブジェクトを追従させることができます。ここでは動画の手ブレに合わせてテキストをマッチムーブで連動させるという課題について述べます。

Tracker

Fusionにおいて従来から存在する標準的なポイントトラッカーです。マッチムーブ、スタビライゼーションなどに使用できます。ポイントは無制限に追加することができます。

1. Tracker

Tracker を追加します。Tracker の黄色の入り口(Input)に素材の動画を、緑の入り口(Foreground)に Text+ ツールを接続します。

2. トラッキングポイントの指定

Tracker のツールを選択した状態で、ビューワーでトラッキングポイントを指定します。トラッキングポイントは枠の左上の端をドラッグすると移動することができます。トラッキングポイントの追加も可能です。

3. トラッキング

コントロールパネルで下図の赤枠箇所を押します。トラッキングが開始する前にタイムルーラーで先頭のフレームまで戻っておきましょう。トラッキングが開始されると自動的にトラッキングが進みます。

4. マッチムーブ

トラッキングが完了したら、コントロールパネルで Operation のタブを開きます。Operation で Match Move を選択し、Merge で FG over BG を選択します。そうすることでトラッキングされた動きを利用した状態で、テキストが動画に合成されます。

5. 完成

ツールが正しく接続され、かつトラッキングが誤りなく実行されていれば、テキストがバックグラウンドの映像に合わせて動きます。

0クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません