2018.03.15 (最終更新日: 2020.06.29)

インスタストーリーの動画クリエイティブのルール

インスタストーリーの動画クリエイティブのルール

インスタグラムストーリー独特の文化を知っていないと、
ストーリーで動画を載せてもすぐに飛ばされてしまいます。
飛ばされないための動画を作るためのルールをご紹介いたします。

インスタのデフォルトの文字を使え!

インスタグラムでは、デフォルトの文字でないと
ユーザーが「あ、これ広告だ」とすぐに動画を飛ばしてしまいます。
デフォルトのフォントであるhgp創英角ゴシックubで文字は書きましょう。

初めの1秒に全てをかけろ!

ストーリーでは5秒や10秒など悠長なことは言ってられません。
ストーリーではファーストインプレッションの画像、
初めの1秒こそが全てです。
どんな15秒なのかをそこで伝えましょう。
またはグッと引き込むポイントを1秒以内に作りましょう。

コメントの部分と上のプロフィールの部分を外せ!

ストーリーでは、上部にプロフィールが表示され、
下部にはコメントする部分が表示されます。
そこを外して動画を作るのはマストです。
上部も下部も60ピクセル空けておくと間違いないです。

シェアできる場所を作れ!

ストーリーでは、スクリーンショットを撮ってシェアをするという文化があります。
思わずスクショして自分のストーリーに載せてしまうような部分を作りましょう!

見ていて面白いカットを作れ!

ストーリーでは音を出さずに見ている人が多いです。
そのため、音を出さずにも見ていて楽しいカット割りを心がけましょう。

いかがでしたか?

普段の映像のルールとは少し違ったのではないでしょうか?
日々ルールは追加されていますので、
また皆さんにシェアしますね!

    0クリップする
    クリップしておくと
    あとからいつでも
    見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません