[Facebook]360°動画にキャプションをつける方法(SubRipファイルの作り方編)

360°動画を率先して取り入れている事例は、主に海外で多いです。
2015年のアメリカの大寒波の様子を、ABCニュースが360°動画を使って報じていたり


引用:ABCNews 公式Facebook

映画『Deadpool』のプロモーションでも使われていました。


引用:DeadpoolMovie公式Facebook

また、Googleによると、米コカコーラが100周年記念で制作した360°動画は、通常の動画広告よりユーザーに見られるレート(ビュースルーレート)が36%上昇したとのことです。
360°動画を使う利点は大いにあると言えますね。

その動画をより注目して見てもらうためにも、キャプション(字幕)を入れるのはとても重要です。

キャプションを入れる前に確認しておきたいこと

SubRipファイル制作ルール

Facebookの動画に字幕を入れる時に使うのがSubRipファイル。[.srt]拡張子のファイルです。
この拡張子はYoutube動画でもサポートされているので、そのままYoutubeでも活用できます。
Youtubeで使える字幕ファイルはこちらを参照してください

このSubRipファイルを作る時にはルールがあります。

上記を踏まえると・・・


Facebookヘルプセンターより一部引用

という形で作ります。

その他の細かいルールとしては、

  • 字幕文章は改行して複数段落での表示が可能
  • 一行の文字が長い場合、自動的に改行される
  • 文字の装飾情報は記述できない

ということがありますのでご注意を。

[制作手順]ここをコピペすればすぐに使えます

  1. テキストエディットなどを開き、以下をコピー&ペーストします。

1
00:00:00,000 –> 00:00:01,000
字幕に入れる文章
<改行>
2
00:00:02,000 –> 00:00:03,000
字幕に入れる文章
<改行>
3
00:00:04,000 –> 00:00:04,000
字幕に入れる文章

  1. 秒数と文章を書き換えます(<改行>も消してください)。

  2. 保存するときに、拡張子を[.srt]に変え、「UTF-8」でエンコードします。

    この手順でSubRipファイルを作ることができます。

「テキストエディット」の環境設定変更

上記の流れでSubRipファイルを作る時、Macに標準装備されている「テキストエディット」では環境設定変更が必要な場合があります。
テキストエディット>環境設定 から確認できます。

  • [新規書類]でフォーマットを「標準テキスト」にする

  • [開く/保存]で「標準テキストファイルに拡張子”.txt”を追加」のチェックを外す

次回記事にて、実際に字幕を入れる方法や、すでにFacebookで投稿されている動画に字幕を追加、削除する方法をまとめます。

0クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません