【Premiere Pro】超簡単に音のバランスを整える方法

はじめに

こんにちは。
最近、編集で困ったことがありました。
それは「音」に関してです。「音」って難しいですよね。。

映像と別に収録したラベリアマイク(ピンマイク)の音量がバラバラだったんです。理由は、姿勢を変えた時にマイクと口元の距離が場面によって違ったり、そもそも喋る声のボリュームが違ったり。今回は、そんな音声を超簡単に一括でバランスを整える方法をご紹介します。

超簡単に整音!「エッセンシャルサウンド」

AdobeのPremiere Proは、近年のアップデートで「音」の機能が強化されてきました。その代表的な機能が、「エッシェンシャルサウンド」です。これ使ってみると超簡単に音を整えられるんです!まず、Prの「ウィンドウ」から「エッシェンシャルサウンド」を選択してパネルを開きます。

選択するとこのようなパネルが開きます。

音のバランスを整えたい複数のオーディオクリップを選択し、「エッセンシャルサウンド」から「会話」を選びます。

次に、パネルから「ラウドネス」の「自動一致」をクリックし、選択したオーディオクリップに適応します。

ただこれだけなんです!選択したオーディオの波形をみるとピークがだいたい同じ高さに揃っているのがわかります。

「ラウドネス」ってなに?

↑で試したのは、あくまでもPrにおける「ラウドネス」という名前の機能です。もともと『ラウドネス』とは、一般的に人間の感じる「音の大きさ」を指す言葉だそうです。音量が小さい場合は、人の耳では低音と高音が聞き取り難くなるという特性があるようで、難しいことはよくわかりませんがその差異を上手く補正してくれる機能のようです。放送・音響関係の方やDTMをやる人は詳しいかも。

まとめ

この「ラウドネス」の「自動一致」機能!色々試して見ましたが、万能ではないようです、、、収録した音声によっては上手くいかないことも。もっと細かく調整したい場合は、Adobeの「Audition」を使った方が良さそうです。

また、今回紹介できなかった「エッセンシャルサウンド」の機能が他にも沢山あるのでチェックして見てください!

29クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません