VR編集中のチェックをヘッドマウントディスプレイで行う

みなさん、こんにちは!VR編集やってますか?

以前からPremierePro(以下Pr)はVR編集に対応を始めていました。イマーシブビデオという愛称でVRエフェクトを統合し、編集中もプレビューモードをVRにすることもできるようになりました。

今回の検証のためにお借りした機材

  • マウスコンピュータ様
    OS:
    Windows 10 Home 64bit
    CPU:
    インテル®Core™i7-7700HQプロセッサー(4core/8スレッド/2.80Ghz[最大3.80Ghz/6MBキャッシュ]
    メモリ:
    32GB
    グラフィッックス:
    GeForce GTX1060/3GB
  • ASK様
    HTC VIVE BE

の機材提供をいただきPremiereProでのHMD環境を確認しました。ありがとうございました!

HTCとPCの接続


全体像はこんな感じです。HTC VIVE BEは

  • センサー x 2
  • VIVE本体 x 1
  • コントローラー x 2
  • VIVEからPCへつなぐボックス x 1
  • HDMI x 1
  • USB x 1
  • AC x 3 (センサー用 x 1とコネクタの電源供給用 x 1)
  • センサーを設置するための三脚 x 2

つなげ方

センサーを三脚に設置

センサーは中央のVIVE本体に向け三脚に固定しました。センサーはそれぞれ電源をとりセンサー部分に[b][c]と表記が出ている状態にしています。

VIVE本体をコネクタに接続しボックスからPCへ



VIVEからは[電源コード][HDMI][USB]が出ているのでボックスに繋げます。ボックスはVR側とPCがあるので注意してVR側につなぎます。そしてPC側からHDMIとUSBはPC本体につなぎ、ボックスの電源はコンセントにつなぎます。

コントローラーははワイヤレス(USBで給電式)

コントローラーは充電さえ終わっていればそのままで大丈夫です。

ソフトウェアの設定(HMD側)
まず事前にインストールするものがあります。これはPremiereProで使う以前にPCにVIVEをつなげるための工程になります。必要なソフトは以下のものです。

・Steam
・Steam VR
ざっくりイメージでいうと[Steam]をいれて、その中の分岐アプリの[Steam VR]を追加して入れると言った感じです。実際使うのは[Steam VR]でここでPr嬢でも認識しているかどうかを判断する事が出来ます。

ルームセットアップ

VIVEのセンサーで使用する部屋のセットアップを行います。これはどこを見ているかもそうですがコントローラーをHMDに連動させるために重要です。(というよりこれを行わないと使えません)この作業はSteam VRで行う事が出来ます。

設定が問題なければこのようにPremiereProを立ち上げると認識をしているのがわかります。

ソフトウェアの設定(PremierePro側)
Steam VRがインストールされていればそんなにPr場の設定は難しくありません。

PremierePro環境設定

環境設定の再生からデバイズの[Adobe イマーシブ環境]にチェックを入れます。

PremiereProプレビュー設定

イマーシブ環境にチェックを入れればHMDとの連携が始まります。

ソース/プログラム両方にVRビデオの設定があります。ここで画角やヘッドマウントディスプレイの動きをPr上にも連動させる事が可能です。

イマーシブ環境はアイコンを表示しておく事でいつでもON/OFFする事が出来ます

どうでしょう?そこまでセッティングは難しくないですよね。ここまでできればPr上のタイムラインの映像をHMDでチェックし、コントローラーで再生や停止、フレーム送りなどする事が可能です。

みなさまご参考にしていただければ幸いです。快適なVR編集生活を!
ではではー

0クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

    コメント

    • まだコメントはありません