この方法なら「書き出し」と「アップロード」が同時にできる!【YouTube/Vimeo】

はじめに

限られた時間の中で効率良くやりたい!

結構時間を取られるなぁーと常々思っているのが、 「エンコード」 とフィードバックをしてもらうためにYouTubeやVimeoなどへの 「アップロード」 作業です。

Adobe Premier Proでは、基本的に1本ずつしか動画を書き出すことが出来ないので 「Media Encoder」 を使って、アップロードまで一気にやってしまいましょう!

1, 動画を「キュー」に追加する

まず、「Media Encoder」 を直接立ち上げて、書き出しとアップロードをしたい動画ファイルをの「キュー」と呼ばれる場所に追加します。

もしくは、Pr経由の場合は ”⌘M” を押し、書き出し画面の 「キュー」 をクリックします。直接キューに追加されます。

すでにプリセットがいくつも用意されているので、最適なものを選択します。

2,「Media Encoder」上でログインする

ちょっとわかりにくいのですが 「Media Encoder」 の書き出し設定の 「パブリッシュ」 というタブで「Vimeo」や「YouTube」にチェックを入れてログインをクリックします。

すると、ポップアップが開くのでアカウントを入力してログインします。(Prでアクセス許可)

YouTubeの場合はこのようなポップアップが出ます。

あとは、アップロード先の「公開範囲」や「タグ」、「説明文」を入力すれば準備完了です!

3, 「キューを開始」をクリックする

これで「エンコード」と「アップロード」を同時にやる準備が整いました!

  • 下の画像の赤く囲ってあるのが、動画自体の書き出し
  • 〃   青く囲ってあるのが、動画のアップロード

あとは、メイン画面に戻って「キューを開始」という緑色の三角をクリック。

通常の書き出し作業の後に「Media Encoder」がアップロードまで自動で進めてくれます。

これをセッティングしてあとはPCをほったらかしにしても、空いた時間にスマホで「Vimeo」等にアップロードできてるか?確認するってなこともできます。

4, 確認する

「Media Encoder」でアップロード済みの文字を確認したら、実際にVimeoにアップロードされているか確認してみます。

アカウントの管理画面で確かに「Test_001」というものがアップされていましたー!

指定した場所にも、確かに書き出しされていましたー!

まとめ

今回は、1本の動画を「書き出し」「アップロード」しましたが、Media Encoderなら複数まとめて出来るのでとても便利です!

また、書き出し設定はプリセットとして保存することも可能です。

5クリップする
クリップしておくと
あとからいつでも
見返したりできます。

コメント

  • まだコメントはありません