PXO’s VP Academy for VAD
Coming Soon...

ABOUTバーチャルプロダクションアカデミーとは

広がりを見せるバーチャルプロダクション
これからの映像制作に求められるスキルを学ぶ

背景映像の仮想空間と実物の被写体を
同時に撮影し、合成する制作環境を実現するバーチャルプロダクション。

特にIn-Camera VFX(カメラの撮影情報と連動した背景をLEDディスプレイに表示し、
その前で演者などを撮影する手法)の普及により、より効率的な映像制作を実現する技術として注目を集めている。

撮影後の後処理としてではなく、撮影前や撮影しながら3DCGコンテンツの制作や編集が
求められるようになり、これまでの映像制作にはなかった、新たな役割やスキルの登場。

変化する制作現場に何が求められ、どう対応していくのか。

バーチャルプロダクションで世界をリードするPixomondoとソニーPCLがカリキュラムを提供する
クリエイターのビジョンを実現する新しい映像制作を学べる集中講座です。

バーチャルプロダクションに取り組むための準備・課題

  • VAD(Virtual Art Department)
    などの新たな役割の登場

    これまでの制作のスキルが通じるのか、何を学べばバーチャルプロダクションの撮影ができるのかわからない

  • 従来とは異なる
    制作のワークフロー

    新しい技術の導入だけではなく、制作のプロセスそのものが異なり、制作進行のイメージが持てない

  • 取り組むための
    情報・機会の不足

    国内での撮影や学習の機会は多くはなく、何から始めたらいいのか、何を準備をしたらいいのかわからない

バーチャルプロダクション撮影の要となるVAD(Virtual Art Department)の
知識を学び新しい映像制作の第一歩の機会を提供します

POWERED BY提供会社

  • ソニーPCLソニーPCL
  • PixomondoPixomondo
  • VookVook

PixomondoがソニーPCLとVookの協力のもと、日本でVAD教育を提供することは、将来を志す学生にとっても、映像業界のプロフェッショナルにとっても、画期的な一歩です。
我々のバーチャルプロダクションのノウハウは、より実践的な学習効果を革新的にもたらすものです。
今回のパートナーシップは、ナレッジを共有していくとともに、未来を創造していきます。そこはテクノロジーとクリエイティビティのボーダーを変え続ける世界だと考えます。

Pixomondo, Chief Innovation Officer
Mahmoud Rahnama
よりコメント

CURRICULUMカリキュラム

バーチャルプロダクションを活用した映像制作において新たな役割として期待される、
VAD(Virtual Art Department)の基礎スキル習得を目的としたカリキュラムを、
オンラインのオンデマンド学習を中心に提供予定です。
Coming Soon...
お問い合わせはこちら